TOP

就職活動するために必要なオススメ情報です。

内定はもらえないが、応募のみは記念になるのでしてみよう、ということが記念受験です

内定はもらえないが、応募のみは記念になるのでしてみよう、ということが記念受験と言われるものです。入社するつもりがほとんどないにもかかわらず、大会社に応募した記念のために受験するものです。これは、面接のリハーサルになるというメリットもあります。応募者にとっては、確かにメリットがあるということがあり、不正でも違法でもありません。しかしながら、やはり、会社にとっては迷惑であるため止めましょう。会社は、面接を大切な資源を使って対応しています。そのため、応募者が多くなるほど、余計な負担が会社側にも増えてくるのです。また、応募者にとってメリットがあると考えられていますが、デメリットが実はあります。デメリットというのは、時間・お金・体力などを余計に使ってしまうことです。余計な記念受験などのようなことをしていれば、本当に注力すべき就活において余裕が無くなってきます。そうすると、上手く就活がいかなくなってくるものです。

第二新卒はどんな人が当てはまる?

就職や転職の情報をみていると第二新卒という言葉を目にする機会が多いですが、どういう人がこれに該当するのだろうかと気になっている人もいることでしょう。基本的に第二新卒は20代半ばぐらいの年齢の人で、学校卒業後3年までの期間内で就職や転職を目指す人達のことをいいます。なお、中には契約社員や派遣社員といった雇用形態で勤務していたことがある人や、海外へと勉強しにいっていたことで本来なら就職活動していたはずの期間にできなかった人まで対象に含まれていることもあります。新卒での採用と比べると、短期間で職を辞しているなど不利な条件がある分、ネガティブなイメージをもっている人もいるでしょうが、実際には入社後3年以内に3分の1程度の新卒者が辞めているため、企業としては人材確保のために第二新卒者を積極採用する流れになっています。中途採用と比較すると即戦力級の力が求められることは少なく、会社などに育ててもらえる部分もあるため、興味のある業界には未経験でも飛び込める可能性があるでしょう。


適性検査と対策方法

企業が採用活動をする際には募集に集まった人に対し、一人ひとり評価をして優劣を決めなければなりません。オンリーワンの人材ではなく、ナンバーワンの人材を選ばなければならないからです。集まった人全てを雇うということは不可能です。企業は、適性検査や一般常識問題、面接等を通して一人ずつ評価をしていくことになります。適性検査では、その人がどのような精神を持っているのか、心や意思を覗かれることになりますので、受験する人は良い気分ではないでしょう。適性検査の具体的な内容は多岐に渡るため、一概に言うことはできませんが、同じような意味を問われる質問が何度か繰り返して質問されることもあり、これの答えに一貫性や整合性が取れていない場合にはマイナスの評価につながる可能性がありますので、その点には注意して回答していく必要があります。新卒者に対して適性検査を行う場合には、もしも入社したらどのような仕事がその人に適しているかということの判断材料にもされますので、真面目に答える必要があります。